見た目より距離のないショートホールであるが、ピンの位置によってはかなり難しい。
グリーン奥からは早いので、手前から攻めたい。ピンの近くに付いても安心は禁物。慎重に。