ティーショットで距離の出る人には落し場所が難しく、そうでない人にはセカンドでグリーンを捕らえにくいホールである。
右のラフには絶対に打たないようにセンターへ軽く落しておく気持ちが必要。
グリーンは縦に長く、右サイドがやや下がりぎみなので、高い球で上から落していくのがベストである。グリーンの芝目に注意。